青函連絡船の時代に思いを馳せて。函館山や函館市街も一望

函館市青函連絡船記念館摩周丸
摩周丸が係留されている場所はかつての函館第二岸壁。船にかかるタラップも当時と同じ位置です

八甲田丸や羊蹄丸とともに青函連絡船の最後の航海を担った一隻がこの「摩周丸」。現在は博物館船として函館港に係留され、一般に公開されています。船内には、船長が指揮を執った操舵室や無線通信室が当時のまま保存されているほか、グリーン指定椅子席や普通座席が復元展示されています。また、長い歴史を模型やパネルで解説する「青函連絡船のあゆみ展示室」のほか、船の構造が模型や実物部品、映像でわかる「船のしくみ展示室」、函館港と函館山を一望できる「サロン」なども設けられています。


施設名函館市青函連絡船記念館摩周丸
所在地函館市若松町12番地先
お問い合わせ先0138-27-2500
定休日・営業時間4月~10月/8:30~18:00(入館は17:00まで)、
11月~3月/9:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日:12月31日~1月3日
※船舶検査・修繕工事・特別清掃等により臨時休館することがございます。
料金入船料 大人500円、高校生以下250円、幼児無料、
(函館市内の小中学校に通う児童・生徒は無料)
アクセス方法JR函館駅から徒歩4分、市電「函館駅前」電停から徒歩5分
駐車場なし (※函館市営「桟橋駐車場」(1時間200円)などを利用)
ホームページhttp://www.mashumaru.com/

※料金・内容については変更になる場合があります。上記お問い合せ先にご確認ください。



このページを閉じる


©2015 spa & casa hakodate. All Rights Reserved.